ちょい投げ釣りの始め方|必要な道具や釣り方を解説!

こんにちは、NAOです。

今回は海釣りを初めてやる方でも簡単に楽しめる【ちょい投げ】について、必要な道具や釣り方を解説していきたいと思います。

ちょい投げはシンプルな仕掛けで様々な魚が釣れる釣りなので、是非こちらの記事を参考に挑戦してみてください!

ちょい投げ釣りとは?

ちょい投げ釣りとは文字通り、ちょいと軽く投げて魚を狙う釣りのことです。

サビキ釣りやウキ釣りでは届かない範囲の魚を狙う釣りに「投げ釣り」がありますが、投げ釣りでは150m〜200mくらい仕掛けを投げるのが一般的です。

その投げ釣りをもっと手軽で小型化したのがちょい投げです。

ちょい投げで仕掛けを投げる距離は大体10m〜30mくらいが一般的ですので、お子さんや女性の方でも全く問題なく、誰でも楽しめる釣りとなっています。

ちょい投げができる場所

ちょい投げでは基本的に海底が砂地の場所に住む魚を狙います。

釣り場としては防波堤や砂浜(サーフ)などになりますが、岩場の多い場所では頻繁に根掛かりしてしまい、釣りにならないこともあります。

初めてちょい投げをする際は防波堤と砂浜が隣接しているような場所だと釣りもしやすく、海底が砂地でなるべく岩場の少ない場所を選ぶようにしましょう。

ちょい投げではどんな魚が釣れるの?

続いて、ちょい投げで釣れる主な魚たちをご紹介します。

ちょい投げで釣れる代表的な魚

・キス

・カレイ

・カサゴ

・メゴチ

・カワハギ

・ベラ

・スズキ

・ヒラメ

ちょい投げで狙う代表的な魚はキスですが、他にもスズキやカレイ、高級魚のヒラメなど様々な魚が釣れるのがちょい投げの魅力の一つです。

時期や場所によっても変わりますので、その時々の五目釣りが楽しめます。

ちょい投げで使う釣竿とリールは?

ちょい投げでは決まった専用のタックルはないので、他の釣りで使用している竿があればそれで流用できます。

これから揃える方は長さ2〜3m程の投げ竿でオモリ負荷10〜15g程度のもの、リールはナイロン3号が150m程度巻ける小型のスピニングリールを選ぶといいでしょう。

尚、釣具屋さんでは釣り竿・リール・釣り糸がセットになった「ビギナー向けのタックル」や仕掛けもセットになった「ちょい投げセット」なども販売されていますので、そういったものを選ぶのもありです。

仕掛け・エサは何を使えばいいの?

仕掛け

ちょい投げではジェット天秤と呼ばれるオモリとちょい投げ用の仕掛け(針とハリス)を使用します。

釣具屋ではちょい投げ用にジェット天秤と仕掛けが一式になったセットが販売されていますので、それぞれどれを選べばいいか分からないという場合はそういったセットを購入すれば手軽に始められるので、お勧めです。

エサ(コマセ)

ちょい投げではアオイソメやゴカイを使用するのが一般的です。

基本はどこの釣具屋でも販売されているので、釣り場に行く前に用意しておきましょう。

また、どうしても生きたエサが苦手という方はイソメやゴカイに似せた擬似エサがありますので、そちらを使用しましょう。

その他あると便利な道具・持ち物

・水汲みバケツ

・ハサミ

・タモ(玉網)

・針外し

・魚掴み

・クーラーボックス

・タオル

釣り方(ちょい投げ釣りの一連の流れ)

1. 針にエサをつける

基本となるのは通し刺しと呼ばれるつけ方で、イソメやゴカイの頭側から針を刺してからそのまま針の形状に合わせて通していき、最後はなるべくエサが真っ直ぐになるように腹の辺りから針先を出します。

あとは狙う魚に合わせて、エサのタラシの部分をカットし、長さを調節すればOKです。

キスやハゼを狙う場合は1〜2cm程度にカットし、カレイやスズキを狙う場合はカットせずに1匹丸々使いましょう。

2. 仕掛けを投げる(キャスト)

仕掛けが絡まないように気をつけて投げましょう。

また、竿のしなりを利用して投げることを意識して、あまり力をいれずにキャストしましょう。

3. 仕掛けを着底させる

ちょい投げは海底にいる魚を狙う釣り方なので、投げたあとは仕掛けをしっかり着底させましょう。

仕掛けが着底すると竿が軽くなりますので、リールのハンドルを回して、糸ふけ(糸のたるみ)を取ります。

必ず糸が張った状態でアタリを待つようにしましょう。

4. アタリがない時

しばらく待ってアタリのない時はリールを少しずつ巻いて仕掛けをズルズル引きずるように動かして、また待ちます。

基本はこれの繰り返しです。

4. アタリが来たら

アタリが来ると、竿を持っている手元に「コツンコツン」「ブルブル」といった感覚が伝わってきます。

アタリを感じたら、慌てずにそのままゆっくり竿を立てるか、竿を横に引いてみてください。

その際に魚が掛かっている感覚を手元に感じたら、そのまま竿を立てた状態でゆっくりとリールを巻いて魚を寄せていきましょう。

5. 針を外す

魚を無事に取り込んだら、針を外して早めに氷と海水の入ったクーラーボックスへ入れて氷締めにしておきましょう。

まとめ

今回はちょい投げについて解説させていただきました。

防波堤や砂浜などの身近な釣り場で楽しめて、尚且つシンプルな仕掛けで色んな魚が釣れるちょい投げは釣りデビューにもピッタリですので、是非トライしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク