釣って食べて美味しかった魚ベスト5

こんにちは、NAOです。

みなさん、釣りライフは楽しんでますか?

釣りは魚を釣ること自体ももちろん楽しいですが、自分で釣った魚を食べるのも醍醐味の一つですよね。

「自分で釣った魚をその日のうちに捌いて新鮮なまま食べる」

まさに釣り人ならではの特権です。

そこで今回は完全に僕の主観ですが、これまで釣った中で美味しかった魚ベスト5をご紹介させていただこうと思いますので、もし宜しければ釣りのターゲットとして参考にしていただければ幸いです!

美味しかった魚ベスト5

第1位 真鯛

縁起の良い高級魚として有名な真鯛は見た目も美しい魚ですが、味もクセがなく甘みがあって上品で、やはり百魚の王と称されるだけありますね。

刺身・煮付け・しゃぶしゃぶで食べましたが、どれも最高に美味しかったです。

産卵前の旬な時期に釣って食べれたというのも大きかったと思います。

真鯛狙い三度目の乗船でようやく釣れた僕にとっては思い入れのある一匹でもありましたね。

にしても、あの神々しい魚体が上がってきたときは感動したなぁ(笑)

第2位 カワハギ

カワハギは自分で釣るまで食べたことがなかったのですが、身の部分は淡白でさっぱりとした弾力のある歯ごたえが特徴です。

そして何と言っても肝が抜群に美味しいです。

海のフォアグラとも呼ばれているカワハギの肝はとても濃厚な味わいで、身の部分を刺身にして肝と和えて食べると最高です。

釣りのターゲットとしても人気のカワハギはその特徴的なおちょぼ口でエサをついばんで食べるため、アタリに気づかずにエサが取られてしまうなんてことも頻繁に起こることから「エサ取り名人」とも呼ばれています。

釣りとしてのゲーム性の高さに加え、食べて美味しいということもあって釣り人の間では非常に人気の高い魚です。

第3位 アジ

食卓でもお馴染みの魚ですが、自分で釣った新鮮なアジはスーパーなどで売られているものとは正直、別格です!

特に刺身で食べるとその違いが顕著に分かりますが、アジはフライ・南蛮漬け・なめろうなど料理としてのバリエーションが多いのも魅力ですよね。

防波堤からサビキ釣りなどで手軽に狙えるので、新鮮な魚はこんなにも美味しさが違うということを最も身近に体感できる魚だと思います。

第4位 アオリイカ

エギングでも人気のアオリイカは身の甘みが強く、釣りたての新鮮な状態で刺身にするとさらに格別です。

その他、バターと醤油で焼いたり、フライにしたりとご飯のおかずとしてだけでなく、お酒のおつまみとしても最高ですね。

そして、釣りたての新鮮な状態でないと食べれない肝が味わえるのも釣り人の特権です。

イカの肝って普段食べる機会もあまりないと思いますが、新鮮な状態だと臭みもなく、濃厚で甘く癖になる味わいですよ!

第5位 キス

キスと言えばやっぱり天ぷらですよね!

刺身や塩焼きも上品でさっぱりしていて美味しいですが、釣ったその日に捌いて揚げたキスの天ぷらは身も一層ふわふわで、抜群の美味しさ!

初夏から夏にかけてが旬の時期で、釣りのターゲットとしても防波堤や砂浜からの投げ釣りやちょい投げでも狙いやすく、ビギナーからベテランまで幅広く人気の魚です。

まとめ

海の魚種は豊富なので、もちろん他にも美味しい魚はたくさんいますが、今回はあくまでも自分で釣ったという条件でランキングにしてみました。

こうやって見ると結構メジャーな魚ばかりですね(笑)

是非みなさんも釣って楽しい、食べて美味しい魚を求めて海釣りを存分に楽しみましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク