穴釣りの初め方|必要な道具や釣り方を解説!

こんにちは、NAOです。

今回はシンプルなタックル・仕掛けで比較的簡単に魚が釣れる人気の釣法【穴釣り】について、解説していきたいと思います。

「そもそも穴釣りって何?」というところから、必要な道具やエサ、釣り方の手順などについてご紹介していきますので、是非参考にしてみてください!

スポンサーリンク

穴釣りとは?

漁港などの防波堤に行くと、テトラポットや石畳などがたくさん積まれていますよね。

これらは波の力を弱めるために防波堤付近に設置されているのですが、海中では魚の格好の隠れ家となっており、ロックフィッシュと呼ばれるカサゴやメバルなどの多くの根魚類が住みついています。

穴釣りはそういった根魚を主なターゲットにしている釣りで、テトラポット同士の隙間に仕掛けを落として、そこに住みついている魚を狙います。

釣り方としても難しくなく、尚且つ「ボウズ逃れ」とも言われるほどよく釣れる釣りです。

また、テトラポット同士の隙間の穴には色々な魚が潜んでいるので、どんな魚に出会えるかわくわくできるのもこの釣りの魅力です!

穴釣りではどんな魚が釣れるの?

上記でもちょっと触れましたが、穴釣りの主なターゲットはロックフィッシュと呼ばれる根魚です。具体的に見ていきましょう。

穴釣りで釣れる代表的な魚

・カサゴ

・ソイ

・メバル

・アイナメ

・クジメ

・キジハタ

穴釣りで狙える魚はスーパーなどで高級魚として売られている魚も多く、食べて美味しい魚が釣れるのも魅力ですよね。

この他、ベラやフグなども釣れたりしますが、中には素手で絶対に触ってはいけないような強い毒を持っている魚(ゴンズイやハオコゼ等)なんかも釣れてしまう時があるので、要注意です!

釣った魚の種類がわからない時は素手で触る前に必ず調べましょう。

穴釣りで使う釣竿とリールは?

穴釣りでは1〜1.5m前後の短めの竿を使用します。

他の釣りで使用している短めの竿があれば、それを流用できるので、新たに購入する必要はないでしょう。

リールはスピニングリール・ベイトリールどちらでも大丈夫ですが、ベイトリールの方が仕掛けを落とす深さを調整しやすいです。

釣り糸はナイロン3号〜4号を使用しましょう。

仕掛け・エサは何を使えばいいの?

仕掛け

穴釣りではブラクリと呼ばれる仕掛けを使用します。

針とオモリが繋がった仕掛けで、穴に仕掛けを入れたあと、根魚のいる底付近までスムーズに落とし込めるのが特徴です。

釣具屋では様々な種類の穴釣り専用ブラクリ仕掛けが販売されているので、是非色々試してみましょう。

エサ

穴釣りでは、アオイソメ・オキアミ・サバの切り身など比較的どんなエサでも対応できます。

おすすめは匂いや動きで魚へアピールできるアオイソメですが、ムシエサが苦手な方はサバ・イカの切り身やオキアミ等を使いましょう。

釣り方(穴釣りの一連の流れ)

1. 穴に仕掛けを入れる

まずは仕掛けを落とせる穴を探して、そーっと仕掛けを投入していきます。

リールから少しずつ糸を送り出して、仕掛けを底まで落としていきましょう。

2. 仕掛けを着底させ、少し巻き上げる

仕掛けが着底したら、糸を少し巻き上げて、仕掛けが底から少し浮いた状態で5〜10秒程度アタリを待ちましょう。

3. アタリがない時

アタリがなければ、仕掛けを回収して次の穴に移動しましょう。

一つの穴にこだわらず、次々と別の穴に仕掛けを入れていくのが釣果を上げるポイントです。

4. アタリが来たら

アタリが来たら素早く竿をあおって、アワセを入れましょう。

手早くリールを巻いて、魚と仕掛けを回収します。

まとめ

ということで、今回は穴釣りについてご紹介させていただきました。

シンプルな仕掛けで難しいテクニックも必要のない穴釣りはビギナーの方にもお勧めの釣り方ですので、是非チャレンジしてみてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク