マズメとは?釣れる理由を分かりやすく解説!

こんにちは、NAOです。

みなさん、マズメって聞いたことありますか?

釣りを始めたばかりの時はあまり聞き馴染みがない言葉かもしれません。

釣り人の間では一般的な言葉で、「マズメ時はよく魚が釣れる」なんて使い方をします。

今後釣りをやっていく上で、マズメは重要なポイントとなってきますので、是非ここでその意味やメカニズムについて理解しておきましょう!

マズメとは?

そもそもマズメってなんでしょう?

マズメは釣り用語の一つで、マズメにも「朝マズメ」「夕マズメ」の二つが存在します。

「朝マズメ」は夜明けから日の出までの時間帯のことを指し、「夕マズメ」は日の入り前後一時間位の時間帯を指します。

一日の中で、日の出と日の入り付近の時間帯を表す言葉なので、「朝マズメ」「夕マズメ」の二つが存在するんですね。

そしてこの二つは「マズメ時」と呼ばれ、魚がよく釣れる時間帯と言われています。

では、なぜマズメ時は魚がよく釣れるのか理由を見ていきましょう。

マズメ時はなぜ魚がよく釣れるの?

マズメ時に魚がよく釣れる理由はプランクトンの存在が関係していると言われています。

朝マズメの時間帯は水中のプランクトンが光合成をするために水面近くまで浮上してきます。

逆に夕マズメは夜行性のプランクトンが活性化する時間帯となります。

どちらのマズメ時もプランクトンが活性化することにより、それをエサにしている小魚たちが動き出し、さらにその小魚をエサにしている大型の魚も捕食のために活性化していきます。

このように通常の時間帯に比べ、食物連鎖が海の中で活発になることによって、魚の活性が上がり、よく釣れるようになると言われています。

朝マズメと夕マズメの違い

マズメ時が釣れると言われる理由は分かったけど、朝マズメと夕マズメどっちの時間に釣りをすればよりたくさん釣れるの?っていう疑問が出てきますよね。

正直、これに関してはどちらの方が釣れるとは一概には言えませんが、釣りたい魚によって変えてみるのもお勧めです。

自分が釣りたい魚が昼行性なのか夜行性なのかという点だったり、その魚の適水温から考えて水温の低い朝マズメを狙ったりと色々試してみるのも釣りの面白さですよね。

自分自身は一日釣りができる日であれば、両方狙います(笑)

ただ、マズメ時だからと言って必ずしも魚が釣れるとは限りませんし、逆にマズメ時じゃない時間帯でも魚が釣れることはもちろんあります。

あくまでもマズメは魚が釣れやすくなる要因の一つであり、潮の動きが鈍い時(小潮・干潮)はマズメでもなかなか釣れないなんてこともザラにあります。

より釣果を上げていくためにもマズメの時間帯だけでなく、潮の満ち引きに関してもチェックしましょう。

干満の差が最も大きく、潮の動きが大きくなる大潮の時期を選ぶと釣果にも期待できますよ!

まとめ

ということで、今回は釣りをする上では重要なキーワードである「マズメ」について解説させていただきました。

「釣りを始めたけどなかなか釣れない」なんて時はマズメ時を狙ってみると釣果が上がる可能性もあるので、是非試してみてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク